古代山脈とアマゾンの恵み”ブラジル産クレイ”

古代山脈とアマゾンの恵み”ブラジル産クレイ”

オーストラリアからの福島先生によるライブセミナーが大盛況のもと終了いたしました♡
あらためて世界に存在するヒーリングクレイの可能性を実感された方も多かったのではないでしょうか。
さて、今回は、南米大陸で最大の面積を有するブラジルのヒーリングクレイについてお伝えしていきます♪

 

日本ではまだあまり馴染みのないブラジル産クレイ。
ブラジル産の粘土/クレイは、その豊かな自然環境により、世界で最も高い鉱物のポテンシャルを持っている熱帯雨林が密集するアマゾン川流域の盆地から採掘されます。ブラジルの豊かな土壌の多様性は、数千年前にさかのぼる火山灰と鉱物の痕跡によるものです。とりわけ酸化鉄、マグネシウム塩、カルシウムなどが豊富でスキンケア用途に優れたクレイとして人々に親しまれています。 

ブラジル

カラフルで発色の美しいブラジル産クレイは、通常のヒーリングクレイと同じようにパックや入浴などにも使用できますが、その鮮やかな天然の色素故に石鹸やローションなどの天然の着色剤として活用されることも多く、敏感肌にも適しているためカラーパレットとしてのパウダー仕様も可能です。 
ただし、粘土鉱物の構成によっては吸収吸着作用が強いタイプのものもあるので、成分の確認、およびメーカーの使用ガイドのチェックは必須です。 



ここでブラジル産の一般的な粘土を色別にその特徴を見てみましょう。 
ブラジル産の紫色の粘土は、マグネシウム、銅、亜鉛、セレンなどのミネラルが豊富で、水と油性物質の両方を吸収できるため、歯の再石灰化や肌の油分抑制に優れていると言われています。肌の毛穴から汚れや不純物を取り除き、肌のバランスを整えると言われています。 
黄色いブラジル産粘土は、皮膚のコラーゲン形成の触媒であるシリカが豊富で、陽イオンと陰イオンの交換容量が大きいこともあり、肌の老化を防ぎ、若返りや美容トリートメントに適しています。肌に潤いと弾力性を与え、肌サイクルを整えてくれます。 
ブラジル産の赤い粘土は、酸化鉄と銅が豊富で、 熱を吸収し、局所的な脂肪を減らす優れた能力を持っているために身体への使用に適しており、肌のクレンジング、傷の治癒、リウマチや関節炎に役立つと言われています。皮膚から余分な水分と油分を取り除き、肌の柔らかさと輝きを取り戻すことができます。 

カラーリングクレイ

ICAのブラジル産クレイは、粘土鉱物のバランスと構成からセラピー使用をメインとせず、オーガニックコスメや石鹸、バスボムなど、肌への負担を軽減したクレイベースのナチュラルな着色剤「カラーリングクレイ」として紹介しています。 
クレイの作用がソフトなだけに、アイデア次第で色彩を楽しむオリジナルのクレイクラフトが作成できるブラジル産クレイ、ぜひあなたのオーガニックツールの一つとして取り入れてみてください。